しずチャリカップ2017 出場者募集中

しずチャリカップ2017 ~静岡競輪場シリーズ~ 実施要項

サイクリング中心のポタリスト、普段ママチャリしか乗らないお父さん、お母さんや学生の皆さん、また日頃ホビーレースで頑張っている競技志向のサイクリストに是非オリンピック種目を体験して欲しい!との思いで日本競輪選手会静岡支部様、静岡競輪場様の全面協力を得て、しずチャリカップ2017~静岡競輪場シリーズを開幕することになりました!皆さんが参加しやすい、敷居の低いサイクルイベントですが、実は中身は本格的な競技を体験出来ます。なんと3レースともご参加頂き、見事年間チャンピオンチームになったら、チャンピオンジャージを贈呈します。身近な日常生活に使うツールである自転車は、実はとても楽しいツールです。このイベントで自転車の新しい面白さを是非見つけてください!また、競輪選手サポートによる自転車の練習会も企画しました。自転車は誰でも乗れる身近な乗り物ですが、身近ゆえの危険性も高い乗り物です。イベントを通じて自転車を楽しみながら、自転車コントロールのレベルアップを図る絶好の機会です!サークル仲間、ご家族、お友達、部活の仲間、会社の仲間等お誘い合わせの上、是非ご参加ください!

< 日程 >

4月 8日 練習会(プレ開催) 10時30分開始 12時まで
5月20日 練習会 10時30分開始 12時まで
6月17日 第1回レース 11時開始(予備日6月18日)
7月 1日 練習会 10時30分開始 12時まで
9月 2日 第2回レース 11時開始(予備日9月3日)
1月14日 第3回レース 11時開始(予備日1月28日)

< レース内容 >

オリンピック競技である「チームパーシュート」と浜松生まれの自転車競技「サイクルジムカーナ」をチーム単位で楽しみながら競います。それぞれの競技成績に点数をつけ、年3回の合計点でチャンピオンを決めます。また、しずチャリカップ登録者は競輪場で行う練習会に参加できる特典も有します。チームパーシュート及びサイクルジムカーナに必要な技術を養うと共に、同競技を通じ自転車操作技術向上を目指し、操作ミスによる転倒、交通事故の軽減を図ります。尚、9月中旬から11月まで静岡競輪場バンクの補修期間に入るため使用が出来ません。12月のレースは静岡競輪場のスケジュールが確定した9月に発表します。また、12月のレース前の練習会は、前記理由により開催は流動的となりますのでよろしくお願いします。基本は年間3回を通じて点数を競いますが、スポット参戦もO.K!各回のチャンピオンTシャツを目指して頑張ってください。サイクルジムカーナは技術力チームパーシュートはパワーと技術が問われます。技術のみが問われるサイクルジムカーナは、ロードバイクより他の自転車の方が有利です。また、車種ごとの出走ポイントが違います。ロードバイクが絶対的に有利ではありません!そこがこのレースイベントの面白いポイントの一つです!

< 参加資格 >

自転車に乗ることが出来る小学生以上の方で、子供・大人・男女問いません。また自転車実業団登録選手も参加可能です。レースは車種を大分類とし、その中で小学生、中学生、高校生以上、男女の各カテゴリー、に分けます。特別枠の家族チームで登録の場合はママチャリ(婦人者・軽快車)限定とします。1チーム予備員を含め3~6名で登録して頂きます。しかし、3名以上集まらない場合は個人で申し込み可能です。その場合は事務局でチームを編成します。

< 参加費 >

1チーム年間(練習会・3レース)24000円(税抜)個人でお申し込みの場合は一人年間6000円(税抜)とします。この参加費をもって練習会、レースに参加できます。参加費に関しまして一度ご入金頂いた後は、如何なる理由におきましてもご返金致しませんのでよろしくお願い申し上げます。家族参加の場合年間1家族24000円(税抜)です。基本3レースのご参加をお願いしますが2回目・3回目のレースからも参戦できます。
2レース目から参加の場合1チーム・家族(19000円税抜)
3レース目から参加の場合1チーム・家族(13000円税抜)
参加特典として、参加者のご家族(未就学児に限る)はサイクルジムカーナへのストライダーでの参加が出来ます。

< 車種 >

車種は
①ロード
②ミニベロ(451サイズホイールまで)
③スポーツ車(MTB・クロスバイク・シクロクロス)
④一般車(軽快車・婦人者(27インチ・外内装6段変速まで))
の各カテゴリーに分ける。(参加人数の都合により合同カテゴリーでのハンディー戦になる事もあります)アシスト自転車も参加OKーです!(国内販売車に限る)
注意事項
ブルフォーン、DH、クリップオン、スピナッチタイプ、その他アタッチメントバーの使用は出来ません。同一開催日内での車種の変更は認められません(パーシュートはロード、ジムカーナはMTBや1走目はロード、2走目はシクロなど認められません)が、開催日が異なるレース毎に車種の変更はオッケーです。(6月のレースはママチャリ、9月のレースはロードバイクなどの変更が可能です。)

< その他 >

各練習会は、静岡競輪選手会所属選手の指導による先頭交代や集団走行の等の練習やパイロンを避ける、止まる等の練習を行います。
尚、練習会・レース共にヘルメットの装着のない場合は出走できませんのでよろしくお願いします。
各レース開催日は、静岡競輪選手会所属選手とその他ゲストライダーをお呼びし、競輪場内でセミナーやトークショー等のイベントを行います。(競輪場外でのオプショナルイベントは別途参加費を頂くことがあります)また、各レース開催日は救急救命士を配備しますが、練習会には配備しません。また、参加者は保険に加入しますが(レース、練習会共・参加料込)開催中の事故・傷病への補償は主催者の加入する保険の範囲内です。補償内容に不安がある場合は、自ら保険に加入をお願いします。
レース当日は全参加者名・全出席者の緊急連絡先・医療上主催者に伝える事を記入の上、提出して頂くことで本エントリーとさせて頂きます。第一レースのHPからのエントリー時車種のカテゴリーを入力頂きますが、2回目以降のカテゴリー変更は、レース2週間前の土曜日中に変更の連絡をメールにてお伝えください。それ以降の変更は受付けません。
駐車場は指定の場所を利用してください。競輪場への入場は選手入口(来・て・こ静岡生涯学習センター側○印)をご利用ください。
受付は入口付近に設置してあります。
練習会は参加者無料特典です。
入金の確認ですが事務手続きの都合上連絡が毎週火曜日以降になります。
ご理解頂きたくよろしくお願いします。

< サイクルジムカーナ競技ルール >

■基本規則

開催ごとに、パイロンのレイアウトやコース内容が変わることとする。
走行前に、指定時間内の完熟歩行は可能であるが、試走は不可。
並べられたパイロン(三角コーン)で指定されたコースを1名ずつ走り、そのタイムの短い順で順位(ポイント)をつけることとする。
スタートからゴール(枠内で完全に停車)するまでのタイムを計測する。
黄色のパイロンはその周囲を回転方向を問わず1周する。

■ペナルティ 競技中の失敗については、以下のペナルティが走行タイムに加算される。

★1秒加算
  • ・パイロン倒し・移動 (程度により、審判が判断する)
  • ・足つき
★3秒加算
  • ・ゴールエリア不完全停止 (バーへの接触)
  • ・ゴールエリア逸脱 (車輌、身体の一部が指定範囲を出た場合も含む)
★無加算
  • ・転倒、メカトラブル (但し、迅速に再スタートできない場合は審判の判断で失格)
  • ・ペダルヒット
★失格
  • ・ミスコース・コースアウト。
  • ・出走の順番が来てもスタート地点に不在の時。
  • ・主催者または審判が危険、走行に不適切だと判断した場合。

■走行にあたって

★装備について
  • ・ヘルメット着用のこと。着用なき場合は出走不可。
  • ・肘、膝等のプロテクターの着用を推奨。
★車輌規定
  • ・2輪の安全型自転車に限る。ただし駆動方式、変速段数は自由。
  • ・制動装置は形式問わず、1つ以上取り付けること。前後2系統以上を推奨。
  • ・事前に自転車店などで、安全点検を実施すること。

■順位・ポイント

  • ・ゴールタイムのより短い方から順位付けし、上位選手から順に、以下のポイントを付与します。
  •  順位 得点
  •  1位 25P
  •  2位 20P
  •  3位 16P
  •  4位 13P
  •  5位 11P
  •  6位 10P

< チームパーシュートルール >

チームパーシュートは、対戦する2チームが、トラックの両側からスタートするレースです。 相手チームに追いつく、またはより良いタイムを記録したチームを勝者とします。 出走人数は男女を含め3名の競技者で決められた周回を走行します。

1、以下の項に示す以外の事項は、類推適用を含めて、インディヴィデュアル・パーシュートの規則(JCF規則第67条)基本ルールにして静チャリカップオリジナルルールとします。
2、チームは、この種目に参加申込みした競技者により構成します。 チーム構成は、レース毎に異なっても大丈夫です。チームキャプテンは、レース開始の1時間前までにチーム編成の変更を大会本部に連絡ください。
3、各チームのタイムと順位は、各チームの3番目の競技者により決定する。タイムは3番目競技者の前輪により計測します。
4、対戦チーム(最少3競技者がともに走行している)に1m以内で追い付かれたときに、チームは追いつかれたとみなされます。
5、競技方法は以下とする。 トーナメント方式において決勝/順位決定戦に進出する4チームを選抜し、3ー4位決定戦、1―2位のチームにより1ー2位決定戦を行います。
6、レースは以下のように行います。対戦する2チームが、トラックの両側からスタートし相手チームに追いつく、またはより良いタイムを記録したチームを勝者とします。※(上バンク先頭交代は禁止とさせて頂きます。)
7、順位決定戦は以下による。 本条5項により、トーナメントにより4チームを選抜します。3ー4位決定戦の結果により3位~4位を決定し決勝の結果により1位~2位を決定します。
8、メンバーが完全にそろわないチームはスタートできない。予選においてメンバーが完全にそろわないチームは失格とします。 決勝/順位決定戦においてスタートしないチームがあった場合、新たなチームを補充しない。スタートしなかったチームは順位決定戦における最下位とする。 数チームがスタートしない場合、予選ラウンドのタイムに従い、4位およびその上の順位をつける。
9、欠場と同タイムに関しては、インディヴィデュアル・パーシュートの規則によって取り扱う。順位決定戦にあたっては、スタートしなかったチームより、2回の不正スタートを行ったチームを優位とします。さらに、押したことにより降格されたチーム、さらに事故に遭った後完走しなかったチーム、さらに追いつかれたチーム、を優位として順位付けます。
10、各順位によりチームポイントが与えられます。1位50ポイント・2位45ポイント・3位40ポイント・4位35ポイント・3回戦敗退20ポイント・2回戦敗退15ポイント・1回戦敗退10ポイントとします。このポイントは同時開催のサイクルジムカーナーとのポイント(個人ポイント)と合算され1年間(3シリーズ戦)合計ポイントの高いチームが年間チャンピオンとしチャンピオンジャージが与えられます。
11、車種別の区分を以下の通りとします。スポーツⅠ(ロード・グラベルロード・クロスバイクで28mm未満のタイヤサイズより細いタイヤが装着されている自転車)・スポーツⅡ(ミニベロ・クロスバイク・シクロクロス・MTBで28mm以上のタイヤが装着されている自転車)・一般車(軽快車・婦人者(27インチ・外内装6段変速まで))の車種別とし、スポーツⅠの車種以外で出走する時点で「スポーツⅡ10ポイント」・「一般車30ポイント」のアドバンテージポイントを与えます。
12、(仮)周回数は400mバンクを指定された周回数を走ります。(ただし追いつかれた時点で負けとします) 1・2回戦は2周、3回戦3周、4回戦(3~4位決定戦)4周、5回戦(決勝戦)5周